うどんに欠かせないつゆの違いって何?

うどんに欠かせないつゆの違いって何?

うどんを食べる時に重要なのがつゆではないでしょうか?
一般的には関東風のつゆと関西風のつゆが知られていますが、中部地方では濃厚なつゆの伊勢うどんやみそ煮込みうどんが人気です。

■関東風のうどんつゆ
関東風のうどんはかつお節がベースになります。
厚削りのかつお節と薄削りのかつお節を使用するため、追いがつおとも言われています。
仕上げに濃い口しょうゆを使いますが、家庭によってはそばと同じかえしを作るところもあります。
砂糖やみりんが入るので甘口になりますが、濃い口しょうゆだけでも十分においしいつゆができます。

かつお出汁は色が濃く出る上に、濃い口しょうゆで味を調えるので関西の方には人気がありません。
しかし、甘口でない場合は見た目が違うだけで、塩分は関東風のつゆの方が少ないです。

■関西風のうどんつゆ
関西風のうどんつゆは「うどん出汁」と呼ばれています。
ベースは昆布で、いりこやかつお節でおおかたの味が決まります。
しょうゆは薄口か白しょうゆを使い、味は塩で調整します。

見た目にはなんとも美しいつゆができ上がりますが、関東風のつゆよりも塩気が多いです。
一般的には関西風の方がおいしいと感じるのか、最近では全国で関西風のうどんが食べられるようになりました。

うどんの文化は奥が深く、関東風と関西風で分けられるものではありません。
それぞれの土地に根付いた食べ方があるので、旅行の際にご当地うどんを食してみるといいでしょう。
 

    Copyright(C) 旨い!うどん All Rights Reserved.