うどんにおけるきつね・たぬき論争って何?

うどんにおけるきつね・たぬき論争って何?

一般的には油揚げの乗ったものがきつね、天かすの乗ったものがたぬきと呼ばれています。
うどんに乗せればそばきつねうどん・たぬきうどん、そばに乗せればきつねそば・たぬきそばになるのです。
しかし、きつねうどんやたぬきうどんと聞いてピンと来るのは、関東を始めとする一部の地域だけであるのをご存じでしょうか?
実はきつねとたぬきは奥が深いのです。

■関西にはたぬきうどんがない?!
メディアでも度々話題に上がるので、関西では油揚げの乗ったうどんがきつねうどんで油揚げの乗ったそばがたぬきそばだとご存じの方も多いかもしれません。
関西にはたぬきうどんときつねそばが存在しないのです。
天かす入りのうどんとそばはハイカラという名前で呼ばれています。

しかし、関西と言っても京都には別のうどんやそばが存在します。
油揚げの乗ったうどんとそばはきつねと呼ばれますが、天かすの乗ったたぬきは存在しません。
あんかけをかけたうどん・そばをたぬきと呼ぶので、また別のうどんやそばが存在しているのです。

■都道府県によって名前が変わる
日本列島を関東と関西に分けてしまうと、九州や四国は関西の分類になります。
しかし、讃岐うどんで有名な香川県ではきつね・たぬきというメニュー自体が存在しません。
他の地域に比べるとうどんのメニューが豊富なので、きつね・たぬきという呼び方をしないのです。

不思議なことに、九州まで行くと関東以北では一般的なきつね・たぬきのうどんとそばが存在します。
細かく調べていくと、もっと不思議な呼び名が出てくるかもしれません。

■きつねとたぬきの歴史
全ての地域できつね・たぬきという呼び名が通用しないことが分かりましたが、それぞれに歴史があります。
きつねうどんは明治時代に創業した大阪の『うさみ亭マツバヤ』が始めたもので、天かすを乗せるたぬき(うどんん・そば)は江戸時代末期に江戸で始まったと言われています(発祥の店は不明)。

何気なく食べているうどんやそばですが、メニューのルーツをたどってみるとなかなか興味深いものがあります。
同じ名前のメニューを、他の地域で注文してみると楽しいかもしれません。

    Copyright(C) 旨い!うどん All Rights Reserved.