うどんは風邪の時に食べても良い?

うどんは風邪の時に食べても良い?

風邪の時は消化の良いものを食べた方がいいと言われています。
おかゆが一般的ですが、なかにはうどんを食べている方もいるでしょう。
一方で、「麺類は消化に悪いから風邪の時には良くない」と仰る方もいます。
風邪の時に人気のあるうどんは、消化が良くないのでしょうか?

■うどん自体の消化は良い
一般的に麺類は全てが消化に悪いと言われていますが、うどんは小麦・塩・水だけで作られているものなので消化が良いです。
米粒が残っているおかゆよりも良いとされるので、風邪で食欲がない時に食べるのに向いています。

■よく煮込む
風邪の時に食べる食事は、最低限の栄養を摂取して滋養をつけるためです。
その為、コシのあるうどんよりもしっかりと煮込んで食べやすくしたうどんの方が適しています。
うどんが消化に良くないと言われてしまうゆえんは、のどごしの良いうどんをかまずに飲み込んでしまった場合を指します。
普通にかんで飲み込めば、他の食材よりも適しているのは言うまでもありません。

■風邪に最強のうどん
風邪の時は菌で体力が奪われています。
熱が出ている時は体外に熱が放出されているので、体内を温める必要があります。
温かく煮込んだうどんのなかでも、保温性の高いあんかけ風のうどんが最後まで熱々の状態で食べられるのでお勧めです。
滋養の高い卵や保温性を高めるしょうがや疲労回復効果のあるねぎをプラスすれば、体力が早く回復して菌を体外に排出できるようになります。
 

    一押し情報

  • メンテナンスも導入費もかなり抑えられる焼肉屋などにオススメな無煙ロースターを検討中なら、既存のダクト式ロースターからの取替えが即時に可能で、網の焦げ付きがなく余分な脂を落とすのでヘルシーに提供が出来るのでオススメです。

Copyright(C) 旨い!うどん All Rights Reserved.